ヨークシャーテリアのしつけ

ヨークシャーテリア

人間に個性がある様にヨークシャーテリアにはも一匹ごとの個性があります。ヨークシャーテリアによっても気が短い、気が長いなどの特徴があったり、同じヨークシャーテリア種でも性別や毛種によって性質が違うこともあります。たとえおとなしいと言われるヨークシャーテリア種でも、個性の違いでわがままなヨークシャーテリアがいたりすることもあります。

 

飼い主が、ヨークシャーテリアの気持ちを理解する努力をして、人間とヨークシャーテリアの理解しあうことがしつけへの第1歩です。しっかりとした理解があってこそ、しつけはうまくいくのです。ヨークシャーテリアに対する愛情、ヨークシャーテリアの気持ちを理解したうえで、お互い理解しあうことがポイントです。

 

犬のしつけの基本としては、ヨークシャーテリアはぬいぐるみはなく、犬で、個性もあって、家族を構成しているということを、飼い主も家族も十分にと分かっていることが大事です。家長しっかりヨークシャーテリアにしつけをしても、妻や娘が甘や適当にしてしまっては、しつけはなかなか身につきません。

 

ヨークシャーテリアにしつけをするときには、ヨークシャーテリアの集中力が続く時間内で、しつけをしていってください。ヨークシャーテリアの集中力が続くのは、それぞれの犬によって多少社ありますが、基本的に30分くらいが限度で、それ以上の長い時間をかけてしつけをすると、ヨークシャーテリアがしつけを嫌がるようになることもありますので無理はいけません。

ポメラニアンの食事のしつけ

ポメラニアンの食事は必ず、決められた時間に同じ場所で食べさせるのがしつけのポイントです。もし決められた時間に勝手な行動をしているときには、かわいそうかもしれませんがさっさと食事を片付けてください。「遊びに飽きたらそのうちで食べるだろうから」と食事をそのままにしておくと、ポメラニアンのしつけのためになりません。

 

ポメラニアンの食事のしつけのベースとなるのは、毎日決まった時間に食事を与えることで、決まった時間になったら食事の場所で食事がもらえる、という決まりを認識させ、記憶させることと、ポメラニアンが人間は自分の言うことを聞いてくれると錯覚させないことです。可愛らしい目線で欲しがるとつい食事を与えてしまう人が多いですが、ポメラニアンのしつけのためには飼い主も我慢するべきなのです

 

食事を食べている最中に人がそばに寄ってくると威嚇をするポメラニアンがいます。ポメラニアンが食事を食べてているときに人間が寄ってきても神経質にならないように、子犬のポメラニアンが家に来た最初の日から食事を食べている時には器に触っているようにしたり、器を動かしたりしながら、いつもそばに付いているようにしてください。慣れてくるとポメラニアンは食事中に人が近づいてきても威嚇しないようになります。

 

家族の食事中に、ポメラニアンが近づいてきて、家族の食事を欲がることがありますが、家族の食事をポメラニアンにあげてはいけません。家族の食事の時間になったら、ゲージに入れたり、別の部屋に移動させるようにして、食事中の家族の様子を見せないようにしてあげましょう。

ミニチュアダックスフントのトイレのしつけ

ミニチュアダックスフントのトイレのしつけは、ミニチュアダックスフントが家にやってくる当日からスタートします。ミニチュアダックスフントが自宅にやってくる前に、しつけの基本をしっかり頭に入れ、心構えとトイレの設置場所を決定し準備しておきましょう。まずトイレの設置場所は、普段家族が集うリビングなどではなく、できるだけ人気が少ない廊下の端などに決めてください。

 

ミニチュアダックスフントのしつけが成功するか、失敗するかは、一度決定したトイレの場所を、絶対に変更しないことがポイントです。ミニチュアダックスフントが自主的にトイレに向かうとき以外は、たとえトイレに行く気配がなくても毎日、朝晩に、トイレの場所に連れて行きます。これを毎日繰り返すことで次第にトイレを理解し、トイレの場所を覚えるのです。

 

ミニチュアダックスフントがトイレをしたくなる時間帯は、朝起きた直後と食事を終えた後と運動後なので、ミニチュアダックスフントをよく観察して、トイレの場所に連れて行ってあげてください。トイレに失敗してしまった時には、失敗してしまった直後に失敗した場所に顔を押さえつけるようにして、強い口調で「だめ」「いけない」などの決まった言葉で失敗したことを理解させましょう。

 

失敗した直後に怒らないと、ミニチュアダックスフントには、何に対して怒られているのかが理解できないので、いじけた性格になってしまいます。失敗してしまった後は、ミニチュアダックスフントは失敗した場所に、少しでも自分の臭いが残っていると、さらに臭いを付けようと再び、おしっこをしてしまいますので、失敗した場所に残ったおしっこの臭いは、完全に消去してください。

チワワの問題行動

チワワが飼い主や他人に対して、威嚇する、無駄吠えや噛み付く、脱走する、放浪するなどの困った行動を起こすことがあります。困った行動を起こしたときには、しつけの前にまずチワワに対する行動をよく思い返してみましょう。飼い主は怒ってしつけをするつもりでも、チワワにとっては遊びの一環と思い違いをしているケースもあるのです。

 

困った行動を修正するためには、飼い主の行動がチワワに正確に理解されるように、スピーディーにご褒美や罰を与えることです。チワワのしつけに大切なのは素早いタイミングです。また、チワワが困った行動をとるきっかけは何なのかという点に気を付けながらチワワを観察して、根本的に解決する方法を特定しましょう。

 

無駄吠えの動機は、飼い主に対してなら、散歩や食事を要求していたり、愛情や運動が足りないことへのストレスだったりしますので、できる範囲内でチワワの希望を聞き入れてあげたり、一緒に楽しく遊んで、たくさんかわいがって、ストレスを解消する必要があります。チワワも人間と一緒でストレスがたまると不機嫌になってしまうものなのです。

 

他人や物、動物に吠えるチワワは、警戒していたり恐怖心を抱いている場合や、臆病だったり、神経質な性格だったりすることもありますので、チワワが怖がらない、安心できる環境づくりが必要です。どうしても無駄吠えが治らない場合には、吠えるといきなり不快な音が出るなどのチワワにとって嫌なことが発生すると思わせるようにしてください。

トイプードルの噛み癖

飼い主を噛むことは、トイプードルが子犬のときとトイプードルが大きくなって成犬になってからでは噛み付く意味が全く違います。トイプードルが子犬の時には、歯の生え変わりが原因です。新しい歯が生え揃うときには、歯ぐきに違和感があり、かんでくることがあるので、その場合にはペットショップなどで売っている犬用のガムを噛ませるようにしてください。

 

トイプードルの子犬にかまれたら、しつけのポイントだと思って、ハッキリ分かるように「痛い!」と叫んでください。噛まれたら叫ぶを、繰り返しているとトイプードルの子犬は「人を咬む」という行為が、良くないことだと分かってきて、咬まなくなるはずです。噛み癖はトイプードルが子犬の時期にしつけをして解決してください。

 

トイプードルが成犬になってから噛む場合は、トイプードルが子犬のときと違って、飼い主の愛情を求めていたり、散歩に行きたい、身の危険を感じた時の防衛本能など、ストレスや防衛のための行動として噛み付きます。飼い主と犬との間の上下関係を教え込んで、人間が犬の主人であることを分からせましょう。

 

逃げ出したり放浪するトイプードルは、発情期や運動不足、孤独を感じていたり、遊びたかったりといったことが考えられます。もしも逃げ出してしてしまったときや地震などの災害が心配なら、氏名や連絡先などを記入した名札を首輪につけておく手もあります。最近は、GPS付の首輪も販売されているのでその方が有益でしょう。また、運動が足りなかったり、遊びたくて逃げ出すということは、愛犬に対する愛情が足りないということが考えられます。一緒にボール遊びなどしたり、散歩に出かけることで改善するでしょう。
マンション 犬

 

犬天国の日本
犬を飼うなら何がいいだろうか
犬のしつけの基本を学ぶ
愛犬の正しい飼い方

 

http://www.s-pltn.com/ http://www.showmysite.info/ http://www.stopinternets.com/ http://www.tout-immobilier-cannes.com/ http://www.bitchcorner.com/ http://www.urlyze.com/ http://www.yongxib.com/ http://www.cheekyphotography.net/ http://www.buzzcommunicationsmusic.com/ http://www.hellomake.com/